自己破産メリットデメリット

自己破産の手続きについて 可能なら自分とは関わり合いのないところに存在してほしい、自己破産。しかし人生どんなことが起こるかわかりません。事業の失敗で支払い不能になったり、何らかの損害賠償が発生して、どうしても自己破産するしかなくなることもないとはいえないですね。そのような事態にたたされた時のため、自己破産に関連するある程度知っておくことは必要なことといえるのかもしれません。

自己破産となにを指すか

自己破産というのはいったいどのような状態についてを指すのでしょう。自己破産は、債務者が借金の支払いのために経済的にもう万策がつきたとき・このままでは債務者がいくら頑張ってみても支払いは不可能であると裁判所が判断したとき・
免責不許可事由に該当する行為がないときに申立書を提出して手続きすることです。債務者が生活する上での最低限必要であろう財産だけを残して、あとはすべて換価することになります。それからそれぞれの債権者(クレジット会社・銀行・キャッシング会社)に負っている債権額ごとに公平に借金返済をおこなって、それを以てしても支払えない債務については一切が免除となる
、そのような制度です。裁判所での審問が終われば、自己破産後は借入や借金がすべてもうないということにされます。破産の申し立てというのは財産を全部出させるため債権者側から起こすこともありますが、債務者側から裁判所に申し立てをして受理されて破産する場合を「自己破産」すると呼ぶのです。
自己破産をしてしまうと生活していくための差し押さえを禁じられている最低限の財産しか残すことはできずその他は処分されます。それで任意整理や再生手続きなどの他の債務整理手続きと比べると「最終手段」という形でよく使われるというのが自己破産手続きの特色となっています。

自己破産の流れ

 

抱えた借金を100%消すためには、工程を2回経ることになります。支払いは不能であると裁判所に判断を受けたとしても債務の支払いは残っているのです。裁判所により支払いは不可能であると判断してもらえた後、次の段階として「免責許可の決定」についても受けて確定させる必要があります。免責許可を受けてやっと、
債務の支払い義務がなくなって借金が全てなくなります。それでも税金・国民保険・公共料金などの債務については含まれませんのでここは覚えていてくださいね。今までは破産手続をして別に免責手続は申請も加えて行うことが必要でしたが、新破産法が制定されたことで
それらが一体化しました。ですので一旦破産手続きがスタートしたら、破産手続きに付随する手続きとして免責の手続きまで進めていくようになりました。手続きを迅速化及び合理化することが現在は進められてるということの表れといえます。

弁護士に相談する

自分ではまず何からしたらよいか見当がつかない・・・そんな方は、一度プロである弁護士を頼って相談してみることをお勧めします。返済の見込みは持てる状況と言えるか、ないとすればどんな手続きを踏むことが必要なのか、弁護士がちゃんと話を聞いて親身にどう進めればよいか教えてくれます。実際に本当の手続きに
入る前の相談するだけの地点でならどこの事務所でもただで相談を聞いてくれるでしょう。このサイトではネットから割と手軽に匿名で相談を受け付けている紹介したい弁護士事務所を選んで紹介していますので、悩んでいないでまずは気軽に問い合わせしてみてください。